2022.07.04 更新

非典型事故の過失割合

申し訳ございません。
当サイトでは典型的な事故態様の過失割合を掲載しておりますが、あてはまるものがないようです
(再度、当サイトで過失割合を調べる場合は、過失割合トップページへ。)

典型的でない事故態様であっても、弁護士に相談をすると、以下の点についてアドバイスを受けられます。

  • 目安となる過失割合
    他の事故態様との比較や道路交通法の規定などから推測します。事案によっては幅があることもあります。
  • 過失割合を有利にするために、どのような主張をすればよいか

この「交通事故お役立ち手帳」サイトでは、「交通事故被害者が情報不足のために損をするのはおかしい!」との思いを共有する全国の交通事故に詳しい弁護士が無料で相談に応じています

気軽にお問い合わせいただき、「損をしない解決」をしてほしいと思います。

弁護士
どの地域の弁護士に無料相談しますか?
このページの執筆者
弁護士 深田茂人

弁護士 深田茂人
大分県弁護士会所属
登録番号33161

大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴16年、交通事故の相談を900件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。