2021.09.24 更新

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路を横断中の歩行者と車の事故の過失割合

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路を横断中の歩行者と車の事故

このページでは、歩行者が横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路を横断中に、車によって被害に遭った事故の過失割合を調べることができます(上図の車が単車(バイクまたは原付)であった場合も含みます)。

上図のいずれかの車と歩行者の事故です。つまり、普通に道路を前進している車との事故、または、道路を後退(バック)している車との事故です。

弁護士

車は前進していましたか、それとも後退(バック)していましたか?(車が後退していた場合、歩行者は車のすぐ後ろで横断を始めましたか?)

過失割合TOPページへ

事例No101 車が前進中の事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路を横断していた歩行者と前進する車の事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路を横断していた歩行者と前進する車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

歩行者
40 60
40 60

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

現場の道路には歩道(図A)又は端から1m以上離れた白線(図B)がありましたか?
歩道のある道路 路側帯のある道路
横断禁止場所でしたか?
人通りの多い場所・時間帯でしたか(日中の住宅街など)?
夜(日没~日の出)でしたか?
歩行者は5歳以下又は身体障がい者(目・耳・足・平行機能)でしたか?
歩行者のほかにも複数人が横断中でしたか?
歩行者は予測しづらい動きをしましたか(飛び出し、後退など)?
車の速度は次のいずれですか?

過失割合の解説

歩行者は付近に横断歩道がある場合には、横断歩道によって横断しなければなりません。特に、本事例は車の通行量の多い片側2車線以上の道路ですので、その必要性が高いといえます。
もっとも、車に比べて歩行者は交通弱者であるため、車の過失割合の方が大きくなります。
そのため、基本の過失割合は「歩行者:車=40%:60%」となります。
なお、車は横断歩道の近くでは横断する歩行者がいないかを確認し、そのような歩行者がいる場合には徐行する義務があります。ですので、横断歩道までの距離が近い場合には、車の過失割合がより大きくなる可能性があります。

上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合が変化します。
たとえば、車は、カーナビや携帯電話等を注視していた場合、過失割合が大きくなります。
また、これらを注視していた場合以外でも、前方不注視が著しいと判断される場合は過失割合が大きくなる可能性があります。

実際の裁判例としては、大阪高等裁判所の平成15年1月31日判決があります。
片側3車線の東西道路で、信号機のある横断歩道から約40m離れた場所を横断していた歩行者と普通乗用自動車の事故でした。制限速度が時速50kmのところ、車は時速40kmで第2車線を走行しており、横断中の歩行者を前方約11.2mで発見してブレーキをかけたのですが、衝突しました。事故当時は雨でしたが、本件道路は100m前方の見通しが可能で、中央分離帯など歩行者の発見を妨げるものがなかったので、車としては、対向の3車線分と進行方向の1車線分を横断中の歩行者をもっと早期に発見することができたはずでした。そのため、車の前方不注視を考慮して、歩行者:車=30%:70%と判断されました。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは歩行者と車の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

事例No102 車が後退中に歩行者がすぐ後ろで横断を始めた事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路でバックする車とそのすぐ後ろを横断していた歩行者の事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路でバックする車とそのすぐ後ろを横断していた歩行者の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

歩行者
25 75
25 75

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

現場の道路には歩道(図A)又は端から1m以上離れた白線(図B)がありましたか?
歩道のある道路 路側帯のある道路
人通りの多い場所・時間帯でしたか(日中の住宅街など)?
夜(日没~日の出)でしたか?
歩行者は5歳以下又は身体障がい者(目・耳・足・平行機能)でしたか?
車はバックブザーを鳴らすなどの警告をしましたか?
車は酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

歩行者は、横断歩道以外では、車の直後を横断してはなりません(道路交通法第13条1項)。また、車の通行量の多い片側2車線以上の道路では、歩行者は横断歩道によって横断する必要性がより高いといえます。
もっとも、車はバックする際には、歩行者に十分注意しなければなりません。さらに、歩行者は車に対して交通弱者といえます。
そのため、基本の過失割合は「歩行者:車=25%:75%」となります。
もっとも、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合が変化します。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは歩行者と車の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

道路交通法第13条1項
「歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。」

事例No103 車が後退中に歩行者がすぐ後ろ以外で横断を始めた事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路でバックする車とそのすぐ後ろ以外を横断していた歩行者の事故

横断歩道から10~50m離れた片側2車線以上の道路でバックする車とそのすぐ後ろ以外を横断していた歩行者の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

歩行者
15 85
15 85

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

現場の道路には歩道(図A)又は端から1m以上離れた白線(図B)がありましたか?
歩道のある道路 路側帯のある道路
人通りの多い場所・時間帯でしたか(日中の住宅街など)?
歩行者は5歳以下又は身体障がい者(目・耳・足・平行機能)でしたか?
車が後退を始める前に歩行者はすでに車の後ろにいましたか?
車はバックブザーを鳴らすなどの警告をしましたか?
車は酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

歩行者は付近の横断歩道によって道路を横断しなければならず、車の交通量の多い片側2車線以上の道路では、その必要性がより高いといえます。
もっとも、車は、歩行者の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、後退(バック)してはなりません(道路交通法第25条の1第1項)。
また、歩行者は車に対して交通弱者といえます。
そのため、基本の過失割合は「歩行者:車=15%:85%」となります。
なお、車の後退する距離が長くなると、逆走となり、上記よりも車の過失割合が大きく判断される可能性があります。
上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合が変化します。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは歩行者と車の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。