2021.09.24 更新

高速道路の合流地点でのバイクと四輪自動車の事故の過失割合

このページでは、高速道路の合流地点で、合流してきた四輪自動車と本線を走行していたバイクの事故、または、合流してきたバイクと本線を走行していた四輪自動車の事故の過失割合を調べることができます。

弁護士

本線に合流してきたのはどちらですか?

過失割合TOPページへ

事例No610 合流してきた四輪自動車と本線を走行していたバイクの事故

高速道路の合流地点で合流してきた四輪自動車と本線を走行していた単車の事故

高速道路の合流地点で合流してきた四輪自動車と本線を走行していたバイクの事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

バイク 四輪自動車
20 80
20 80

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

バイクは時速40km以上の速度違反でしたか?
合流の直前にバイクは急加速しましたか?
バイクは、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許、危険な体勢での運転、ヘルメット不着用(頭部外傷の場合)のいずれかでしたか?
四輪自動車は加速車線を十分に走行しないですぐに本線に進入しましたか?
四輪自動車は制限速度の60%以上の速度が出ていましたか?
四輪自動車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

四輪自動車は、加速車線から本線に入ろうとするときは、本線を走行するバイクの進行妨害をしてはなりません(道路交通法第75条の6第1項本文)。
もっとも、本線を走行するバイクも、加速車線がある場所では、合流を予想できます。
とはいえ、交通事故によって受けるダメージが四輪自動車よりも大きいと考えられるバイクの過失割合は、四輪自動車と対等に考えるのではなく、若干有利に考えるべきとされています(交通弱者の保護)。
そのため、基本の過失割合は「バイク:四輪自動車=20%:80%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情があると、過失割合は変化することがあります。
たとえば、四輪自動車は、加速車線を十分に走行しないですぐに本線に進入した場合、過失割合が大きくなります。なぜなら、本線を走行するバイクとしては、四輪自動車が十分に加速車線を走行して加速をしてから進入してくると予想するのが通常だからです。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは単車と四輪自動車の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

事例No611 合流してきたバイクと本線を走行していた四輪自動車の事故

高速道路の合流地点で合流してきた単車と本線を走行していた四輪自動車の事故

高速道路の合流地点で合流してきたバイクと本線を走行していた四輪自動車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

バイク 四輪自動車
60 40
60 40

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

バイクは加速車線を十分に走行しないですぐに本線に進入しましたか?
バイクは制限速度の60%以上の速度が出ていましたか?
バイクは、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許、危険な体勢での運転、ヘルメット不着用(頭部外傷の場合)のいずれかでしたか?
四輪自動車は時速40km以上の速度違反でしたか?
合流の直前に四輪自動車は急加速しましたか?
四輪自動車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

バイクは、加速車線から本線に入ろうとするときは、本線を走行する四輪自動車の進行妨害をしてはなりません(道路交通法第75条の6第1項本文)。
もっとも、本線を走行する四輪自動車も、加速車線がある場所では、合流を予想できます。
また、交通事故によって受けるダメージが四輪自動車よりも大きいと考えられるバイクの過失割合は、四輪自動車と対等に考えるのではなく、若干有利に考えるべきとされています(交通弱者の保護)。
そのため、基本の過失割合は「バイク:四輪自動車=60%:40%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情があると、過失割合は変化することがあります。
たとえば、バイクは、危険な体勢での運転であった場合、過失割合が大きくなります。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは単車と四輪自動車の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。