2021.04.09 更新

入院雑費(入院中の日用品など)

スリッパ

入院した場合、入院中の日用品の購入費、栄養剤購入費、電話代、テレビ賃借料、家族交通費など細かな出費が多くあります。

これらの入院雑費の計算方法(弁護士基準=裁判で目安にされる金額)は次のとおりです。

入院1日あたり定額1500円

*なお、法律で保険会社が最低限支払わなければならないとされる自賠責基準による入院雑費は、入院1日あたり定額1100円です。

本来であれば、全ての領収書を保険会社に提出して、請求するべきものです。また、購入した物のうち退院後も使用できる分については、その分をどのように差し引くかも問題になるはずです。
しかし、そのような緻密な作業をするのは、とても大変ですし、実益としても乏しいといえます。ですので、そのような計算はせずに、上記のとおり1日あたり定額とされています。

もっとも、交通事故の関係で出費した分の領収書は全て残しておく方が無難です。
なぜなら、入院雑費以外として請求できる分があるかもしれませんし、例外的に定額を超えて支払いが認められるものがあるかもしれないからです。

この点については、細かい作業と判断を要することになりますので、弁護士に全ての領収書を渡して、判断してもらうことをお勧めします。
特に、高額の領収書については、個別に弁護士に示して、別途に請求できるものではないかを判断してもらいましょう。

このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。