2021.09.24 更新

信号機のないほぼ同幅員の十字路に交差する道路から入ってきた車同士の事故の過失割合

信号機のないほぼ同幅員の十字路に交差する道路から入ってきた車同士の事故

このページでは、信号機のない十字路で交差するほぼ同幅員の道路からそれぞれ入ってきた車同士の事故の過失割合を調べることができます(上図の車の両方が単車(バイクまたは原付)であった場合も含みます)。

なお、一方の道路が優先道路または一時停止規制がある場合は、こちらのページではなく、優先道路または一時停止規制のページをご覧ください。交通事故の過失割合のページで質問に回答していくと、たどりつくことができます。

弁護士

両車の進路を選んでください

過失割合TOPページへ

事例No815 左方車は直進、右方車も直進の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から直進してきた車と右方道路から直進してきた車の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から直進してきた車と右方道路から直進してきた車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

左方車 右方車
40 60
40 60

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

交差点の角に建物などが無く、お互いがよく見えましたか?
右方車の速度は、左方車と比べてどれくらいでしたか?
右方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?
左方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

車は、信号機のない交差点では、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車の進行を妨害してはなりません(左方優先、道路交通法第36条1項1号)。
そのため、基本の過失割合は「左方車:右方車=40%:60%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合は変化することがあります。
特に、両車の速度は事故に大きく関係するため、他方に比べて2倍以上の速度であった場合は過失割合が大きくなることが多いと考えられます。もっとも、それぞれの道路の制限速度に差がある場合、制限速度の高い方は比較的高速度であったとしても、過失割合が大きくならない可能性もあります。

実際の裁判例としては、東京地方裁判所の平成24年3月30日判決があります。
事故現場は、信号機や一時停止規制のない十字路交差点で、幅員は、左方車の進行路である北側は6.3m、南側は4.7m、右方車の進行路である東側と南側は各7.1mでした。また、本件交差点角には建物等が存在するため、見通しは不良ですが、一部が空き地のために見通すことができる部分もありました。左方車は、本件交差点の50mほど手前でいったん減速しましたが、そこから9mほど進行した地点で前方の橋を見て加速を始め、その後は本件交差点先の遠方を見て進行し、右方の安全確認をせず、徐行も減速もせず、時速約45kmのまま本件交差点に進入しました。そのため、右方から相当程度減速をして本件交差点に進入してきた車と衝突しました。
判決では、一方の道路がかなり広いと一見して見分けられるほどの幅員の差がないこと、見通しのきかない交差点であること、両車の速度差が大きいこと、左方車が遠方を見ながら徐行も減速もせずに本件交差点に進入したことなどから、左方車:右方車=70%:30%と判断されました。左方車の加速や遠方注視などの運転態様が特に危険と判断されたと考えられます。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは四輪自動車同士または単車同士の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

道路交通法第36条1項1号
「車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
一 車両である場合 その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車」

事例No816 左方車は直進、右方車は右折の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から直進してきた車と右方道路から右折してきた車の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から直進してきた車と右方道路から右折してきた車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

左方車 右方車
30 70
30 70

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

左方車は減速して交差点に入りましたか?
左方車は時速30km以上の速度違反がありましたか?
左方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?
右方車は減速して交差点に入りましたか?
右方車は右折禁止違反でしたか?
右方車は事故の時点では右折を終えていましたか(ハンドルをまっすぐに戻していましたか)?
右方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

車は、信号機のない交差点では、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車の進行を妨害してはなりません(左方優先、道路交通法第36条1項1号)。
また、右折車は直進車の進行を妨害してはなりません(直進優先、同法第37条)。
そのため、基本の過失割合は「左方車:右方車=30%:70%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合は変化することがあります。
たとえば、左方車は、交差点に入る前に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。この場合の減速とは、交通の状況にもよりますが、制限速度の半分程度以下と考えられます。
他方、右方車も、交差点で右折する際に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。右折するタイミングが適していることを前提に、そのときの状況に応じて十分な減速がなされていれば、徐行(直ちに停止できる速度)ではなかったとしても、過失割合は大きくならないと考えられます。
また、直進する左方車が右折する右方車の左から交差点に入った本事例では、右方車が事故の時点で右折を終えていたというケースがあります。そのようなケースでは、右折にかかる時間が長くなるので直進車としては回避行動がとりやすいこと、すでに右折を終えている右方車としては回避行動をとることが難しいことから、右方車の過失割合が小さくなります。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは四輪自動車同士または単車同士の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

道路交通法第37条
「車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。」

事例No817 左方車は右折、右方車は直進の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から右折してきた車と右方道路から直進してきた車の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から右折してきた車と右方道路から直進してきた車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

左方車 右方車
60 40
60 40

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

右方車は減速して交差点に入りましたか?
右方車は時速30km以上の速度違反がありましたか?
右方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?
左方車は減速して交差点に入りましたか?
左方車は右折禁止違反でしたか?
左方車は交差点の中央付近まで行かずに手前で右折しましたか(ショートカット右折)?
早回り右折
左方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

車は、右折をするときは、直進車の進行を妨害してはなりません(直進優先、同法第37条)。
他方、車は、信号機のない交差点では、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車の進行を妨害してはなりません(左方優先、道路交通法第36条1項1号)。
そのため、基本の過失割合は「左方車:右方車=60%:40%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合は変化することがあります。
たとえば、右方車は、交差点に入る前に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。この場合の減速とは、交通の状況にもよりますが、制限速度の半分程度以下と考えられます。
他方、左方車も、交差点で右折する際に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。右折するタイミングが適していることを前提に、そのときの状況に応じて十分な減速がなされていれば、徐行(直ちに停止できる速度)ではなかったとしても、過失割合は大きくならないと考えられます。
また、左方車は、交差点の中央付近まで行かずに手前で右折をした場合(ショートカット右折)、過失割合は大きくなります。なぜなら、そのようなショートカット右折をすると、右方からの直進車に急に接近することになり、事故の危険が高まるからです。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは四輪自動車同士または単車同士の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

事例No818 左方車は右折、右方車も右折の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から右折してきた車と右方道路から右折してきた車の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から右折してきた車と右方道路から右折してきた車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

左方車 右方車
40 60
40 60

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

左方車は右折禁止違反でしたか?
左方車は、減速なし、ウインカーなどの右折の合図なし、交差点の中央付近まで行かずに手前で右折(下図、ショートカット右折)のいずれかでしたか?
早回り右折
左方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?
右方車は右折禁止違反でしたか?
右方車は、減速なし、ウインカーなどの右折の合図なし、道路の中央に寄らずに右折(右折レーンのある道路の場合は右折レーン以外のレーンから右折。下図)のいずれかでしたか?
中央に寄らないで右折
右方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

車は、信号機のない交差点では、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車の進行を妨害してはなりません(左方優先、道路交通法第36条1項1号)。
そのため、基本の過失割合は「左方車:右方車=40%:60%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合は変化することがあります。
たとえば、交差点で右折する際に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。もっとも、右折するタイミングが適していることを前提に、そのときの状況に応じて十分な減速がなされていれば、徐行(直ちに停止できる速度)ではなかったとしても、過失割合は大きくならないと考えられます。
また、左方車は、交差点の中央付近まで行かずに手前で右折をした場合(ショートカット右折)、過失割合は大きくなります。なぜなら、そのようなショートカット右折をすると、右方からの右折車に急に接近することになり、事故の危険が高まるからです。
他方、右方車は、道路の中央に寄らずに右折(右折レーンのある道路の場合は右折レーン以外のレーンから右折)した場合、過失割合は大きくなります。なぜなら、そのような大回りの右折をすると、左方からの右折車に急に接近することになり、事故の危険が高まるからです。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは四輪自動車同士または単車同士の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

事例No819 左方車は左折、右方車は直進の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から左折してきた車と右方道路から直進してきた車の事故

信号機のないほぼ同幅員の十字路に左方道路から左折してきた車と右方道路から直進してきた車の事故の過失割合の目安は、以下のとおりです。

過失割合

左方車 右方車
50 50
50 50

以下の質問に回答していくと上記の過失割合の%が変化して、より詳しく調べることができます。

交差点の角に建物などが無く、お互いの車がよく見えましたか?
左方車は交差点に入る前に減速しましたか?
左方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?
右方車は交差点に入る前に減速しましたか?
右方車は、酒酔い(まっすぐ歩けない等)、居眠り、無免許のいずれかでしたか?

過失割合の解説

車は、信号機のない交差点では、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車の進行を妨害してはなりません(左方優先、道路交通法第36条1項1号)。
他方、車は、左折するときは、徐行しながら注意しなければなりません(道路交通法第34条1項)。
そのため、基本の過失割合は「左方車:右方車=50%:50%」となります。

ただし、上の各質問のような個別の事情によっては、過失割合は変化することがあります。
たとえば、左方車は、交差点で左折する際に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。もっとも、左折するタイミングが適していることを前提に、そのときの状況に応じて十分な減速がなされていれば、徐行(直ちに停止できる速度)ではなかったとしても、過失割合は大きくならないと考えられます。
また、右方車は、交差点に入る前に減速していなかった場合、過失割合が大きくなります。この場合の減速とは、交通の状況にもよりますが、多くの場合は制限速度の半分以下と考えられます。

上で表示される数値(%)は、各種法律文献を参考にして検討されたものであり、おおよその目安です。示談するときは事前に弁護士にご相談ください。
詳しくは四輪自動車同士または単車同士の事故の過失割合の数値(%)の根拠をご覧ください。

道路交通法第34条1項
「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。」
このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。