2021.11.18 更新

足の指を失った後遺障害の等級

交通事故で足の指を失った後遺障害の等級について解説します。

後遺症の程度と等級

次のとおり、足の指を失った程度によって、等級が認定されます。

足の甲の切断

リスフラン関節
4級
両足とも足首からリスフラン関節の間で切断
7級
片足を足首からリスフラン関節の間で切断

足指が根元から無くなった

足の指が根元から無くなった
5級
両足の全指が根元から無くなった
8級
片足の全指が根元から無くなった
9級
片足の親指を含む2~4指が根元から無くなった
10級
片足の親指が根元から無くなった
10級
片足の親指以外の4指が根元から無くなった
11級
片足の人差し指を含む3指が根元から無くなった(親指以外)
12級
片足の人差し指を含む1~2指が根元から無くなった(親指以外)
12級
片足の中指・薬指・小指が根元から無くなった
13級
片足の中指・薬指・小指のうち1~2指が根元から無くなった

足指の部分欠損

「指の部分欠損」とは、親指については末端の骨の2分の1以上を失った状態、人差し指~小指については末端の関節と根元の関節の間で切断した状態です。

指の部分欠損
7級
両足の全指の部分欠損
9級
片足の全指の部分欠損
11級
片足の親指を含む2~4指の部分欠損
12級
片足の親指の部分欠損
12級
片足の親指以外の4指の部分欠損
13級
片足の人差し指を含む1~3指の部分欠損(親指以外)
13級
片足の中指・薬指・小指の部分欠損
14級
片足の中指・薬指・小指のうち1~2指の部分欠損

上記共通

等級非該当
上記等級ほどの重い症状は無い
非典型後遺症
上記等級にあてはまらない重い症状がある

このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。

関連記事