2021.11.17 更新

内臓の後遺障害の等級

内臓の後遺障害の等級は、以下のとおり、内臓ごとに分かれてその内容が決められています。

お腹を押さえる女性

呼吸器(肺)の後遺障害の等級

肺の機能が低下するという後遺症が残ると、日常生活の動作に影響が出てしまいます。

肺の機能が低下した後遺障害の等級

循環器(心臓・大動脈)の後遺障害の等級

心臓や大動脈の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

心臓や大動脈の後遺障害の等級

食道の後遺障害の等級

食道の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

食道の後遺障害の等級

胃の後遺障害の等級

胃の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

胃の後遺障害の等級

大腸・小腸の後遺障害の等級

大腸や小腸の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

腸の後遺障害の等級

肝臓の後遺障害の等級

肝臓の後遺障害の等級が認定されるためには、ウイルスの持続感染が認められ、かつ、肝臓に多く含まれる酵素が持続的に低値であることが必要です。

肝臓の後遺障害の等級について詳しくはこちら

胆嚢(たんのう)の後遺障害の等級

胆嚢の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

胆嚢の後遺障害の等級

膵臓(すいぞう)の後遺障害の等級

膵臓の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

すい臓の後遺障害の等級

脾臓(ひぞう)の後遺障害の等級

脾臓の後遺障害の等級については、次のページで詳しく解説しています。

脾臓の後遺障害の等級

臓器ヘルニアの後遺障害の等級

臓器ヘルニアとは、腹部の手術の傷の部分や腹壁の弱い部分から内臓が脱出したり、腸の一部が太ももの付け根部分から皮膚の下に出てきたり、内臓が体内の隙間に迷入したりするなどの状態のことです。

臓器ヘルニアの後遺障害等級について詳しくはこちら

腎臓(じんぞう)の後遺障害の等級

腎臓の後遺障害の等級は、ろ過される血液の量(GFR)によって異なります。

腎臓の後遺障害の等級について詳しくはこちら

尿路変更の後遺障害の等級

非尿禁制型尿路変向術、禁制型尿リザボアの術式、外尿道口形成術、尿道カテーテル留置など、尿路変更の手術を受けた場合、後遺障害等級が認定されます。

尿路変更手術を受けた場合に認定される後遺障害等級について詳しくはこちら

尿の後遺障害の等級

尿が漏れたり、残尿があったり、尿道が狭くなったりした場合には、後遺障害等級が認定される可能性があります。

尿障害の後遺障害等級について詳しくはこちら

生殖器の後遺障害の等級

生殖器の後遺障害の等級については、次のページで解説しています。

生殖器障害の後遺障害等級

このページの執筆者
弁護士 深田茂人(大分県弁護士会所属、登録番号33161)
大分市城崎町の深田法律事務所代表。
弁護士歴15年、交通事故の相談を800件以上担当してきました。交通事故被害者と保険会社の情報格差をなくしたいと思い、当サイトにて執筆しています。